TOP  >  

看護師とワークライフバランス

看護師といえば白衣の天使と言われています。
病気と闘っている患者さんに対して優しくお世話をしてくれるのでそう言われるようになりました。

しかし実際は労働時間が長く激務であることが多いです。
特に入院病棟の担当をしている看護師の方は交代制で勤務をされています。

もちろん夜勤も含まれているので、人が本来眠っているはずの時間帯に睡眠を削って患者さんのお世話に当たります。
仕事なので業務をこなすのは当たり前のことですが、実際問題大変です。

例えば結婚をしたり出産をした後に、独身時代と同じように働くことが難しくなる看護師の方も多いです。
家事との両立が上手くいかなかったり、ご主人とすれ違いの生活になることも多く、泣く泣く仕事を断念するかたもいらっしゃいます。

看護師という人の役に立てる素晴らしい資格を取得されている人が、それを生かさないのは本当に勿体無いことです。
特に現在は看護師不足に悩む病院も多いです。
そのためにもワークライフバランスを上手にとっていく必要があります。

人にとって家庭生活はなによりも大切なもの。
例えば出産して数年は日勤のみの業務のみに就くようにして、子供が大きくなったら独身時代と同じように夜勤業務もこなすようにするなど、ワークライフバランスを上手に取りながら看護師の仕事を続けて欲しいものです。

体や心を壊さないためにも、自分に合ったワークライフバランスを考えてお仕事をすることが大切ですね。